PR

ニュース 国際

実務家の露新首相・ミシュスチン氏、経済回復に意欲 下院が同意

首相に抜てきされたミシュスチン氏=16日、モスクワ(タス=共同)
首相に抜てきされたミシュスチン氏=16日、モスクワ(タス=共同)

 【モスクワ=小野田雄一】ロシアのメドベージェフ首相の内閣総辞職に伴い、プーチン大統領が後任の首相候補として提案したミハイル・ミシュスチン連邦税務局長官(53)について、下院は16日、本会議を開き、賛成多数で同氏の首相就任に同意した。プーチン氏は同日、ミシュスチン氏を首相に任命する大統領令に署名した。

 ミシュスチン氏は今後、組閣に着手し、プーチン氏の承認を得て新内閣を発足させる。

 本会議で演説したミシュスチン氏は「投資の呼び込みや技術開発を促進させ、ビジネス環境を改善する」などと述べ、低迷している経済を立て直す意欲を表明。貧困層などへの社会福祉政策も充実させるとした。組閣案を数日以内に作成し、プーチン氏に提案する意向を示した。

 ミシュスチン氏は2010年から税務局長官を務めた。政治的には無名だったが、プーチン氏は実務能力を評価したとみられる。

 プーチン氏は同日、自身が議長を務める国家安全保障会議に副議長ポストを新設し、メドベージェフ氏を充てる大統領令にも署名した。

 一方、イタル・タス通信によると、プーチン氏が前日の年次教書演説で提案した憲法改正の具体化に向けた作業部会が16日発足し、第1回会合が開かれた。作業部会は政府職員や議員、学者ら75人で構成され、今後の手続きなどを検討するという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ