PR

ニュース 国際

【米大統領選】民主党、バイデン氏首位も指名争いは接戦模様

その他の写真を見る(1/2枚)

 【ワシントン=黒瀬悦成】米大統領選の民主党候補指名争いは、バイデン前副大統領とバーニー・サンダース、エリザベス・ウォーレン両上院議員、ピート・ブティジェッジ前サウスベンド市長の4人を軸に接戦が展開される構図が浮かび上がりつつある。

 政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス」がまとめた各種世論調査の全米平均支持率(14日現在)ではバイデン氏が27・2%で首位を維持。以下、サンダース氏19・2%、ウォーレン氏16・6%、ブティジェッッジ氏7・2%-の順となっている。

 バイデン氏が一番人気を保っているのは、「国民皆保険」の実現を唱えるウォーレン氏や、「民主社会主義者」を自称するサンダース氏などの左派系候補ではトランプ大統領に勝てない、とする見方が同党の穏健派支持者の間で広がっているためとみられる。

 ただ、バイデン氏も他候補を突き放すだけの支持を獲得するには至っておらず、党候補指名を確実に得られる保証はない。

 一方、昨年11月24日に出馬を正式表明したマイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長(77)は6・2%で5位につけるなど健闘が目立つ。

 ブルームバーグ氏は2月3日にアイオワ州で開かれる党員集会には参加しないものの、2日に南部フロリダ州で開かれる米プロフットボールリーグ(NFL)の年間王者決定戦「スーパーボウル」の1分間のテレビCM枠を約1千万ドル(約10億9960万円)で買い取ったと報じられるなど、豊富な資金力で有権者へのアピールを図る。

 一方、アイオワ州に限れば、首位のバイデン氏20・7%にサンダース氏が20・3%で肉薄。3位のブティジェッジ氏が18・7%、ウォーレン氏16%で、各候補とも初戦のアイオワ州で好結果を出して弾みをつけ、その後の指名争いを有利に進めたい考えだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ