PR

ニュース 国際

原因不明肺炎で1人死亡 中国・武漢、初の死者か

 原因不明の肺炎の患者が多く出た中国湖北省武漢市内の海鮮市場=2019年12月31日(共同)
 原因不明の肺炎の患者が多く出た中国湖北省武漢市内の海鮮市場=2019年12月31日(共同)

 中国湖北省武漢市は11日、相次いで発生している原因不明のウイルス性肺炎で1人が死亡したと発表した。初めての死者とみられる。

 中国メディアは9日、原因不明の肺炎の発症者から、重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)とは異なるコロナウイルスが確認されたと報じた。

 当局は10日時点で41人が発症し、そのうち重症は7人で、2人は退院したと明かした。その他の患者の症状は安定しているとしている。

 世界保健機関(WHO)は9日、一層の調査が必要だとする声明を発表している。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ