PR

ニュース 国際

イラン大使「断交考慮も」韓国のホルムズ派遣牽制 

 駐韓イラン大使が10日までに、米国が昨年から要請しているホルムズ海峡の安全確保を目指す有志連合に韓国軍が参加した場合、「断交までをも考慮するほどの影響が出る可能性がある」と述べた。韓国紙、中央日報が報じた。米国とイランの緊張が高まる中、韓国政府の出方を強く牽制した形だ。

 同紙によると大使は、韓国以外の国であってもホルムズ海峡で軍事活動を実施すれば「われわれは黙ってはいない」と警告。米軍による空爆でイランの司令官が殺害されたことに触れた上で「(有志連合に)韓国が参加しないことを望む」と断言した。9日にソウル市内でインタビュー取材が実施された。

 韓国政府は参加の可否に関し「具体的に決まったものはない」と慎重な立場を示している。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ