PR

ニュース 国際

ウクライナ機墜落 カナダ首相「イランが撃墜」 イラン否定 誤射の可能性も

ウクライナの旅客機が墜落した現場で対応に当たる関係者ら=8日、イラン・テヘラン(ゲッティ=共同)
ウクライナの旅客機が墜落した現場で対応に当たる関係者ら=8日、イラン・テヘラン(ゲッティ=共同)
その他の写真を見る(1/5枚)

 【ニューヨーク=上塚真由】イランの首都テヘランで8日、離陸直後に墜落したウクライナの旅客機について、カナダのトルドー首相は9日、首都オタワで記者会見し、同盟国など複数の情報機関の分析として「イランから地対空ミサイルが発射され、撃ち落とされたことを示す証拠がある」と述べた。「意図的ではなかった可能性がある」との見方も示した。

 米メディアによると、墜落直前に地対空ミサイル2発が発射されたことを米国の衛星システムが探知した。米政府関係者は旅客機が誤ってイランの防空システムの標的になったとの見方を強めているという。

 墜落したのはウクライナ国際航空のボーイング737-800型機で、乗員乗客176人全員が犠牲となった。イラン人82人、カナダ人63人、ウクライナ人11人など乗っていた。イランは革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」の司令官が米軍に殺害された報復として、8日午前1時20分(現地時間)にイラク駐留米軍を弾道ミサイルで攻撃。旅客機は約5時間後に墜落した。当時、イランは米軍による反撃に警戒を強めていた。

 トランプ米大統領も9日、「誰かが間違いを犯した可能性がある」と述べ、撃墜の可能性を示唆した。

 イラン政府は9日の声明で「イランに対する心理戦だ」と強く反発する一方、「(犠牲者が出た)全ての国はイランに代表を派遣することができる」とし、関係国との調査協力に前向きな姿勢を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ