PR

ニュース 国際

イラン「無制限でウラン濃縮」 核合意瀬戸際、米との緊張高まる 米「攻撃なら大規模反撃」

5日、イラン南西部アフワズで「コッズ部隊」のソレイマニ司令官らのひつぎの周りで、葬送に集まった人たち(Alireza Mohammadi/ISNA提供、AP=共同)
5日、イラン南西部アフワズで「コッズ部隊」のソレイマニ司令官らのひつぎの周りで、葬送に集まった人たち(Alireza Mohammadi/ISNA提供、AP=共同)

 【ベイルート=佐藤貴生、パリ=三井美奈】イラン政府は5日、欧米など6カ国と2015年に結んだ核合意の履行を停止する第5段階の措置として、無制限にウラン濃縮を行うと表明した。高濃縮ウランは核兵器への転用が可能で、昨年5月に核合意の段階的履行放棄を表明して以来、最も重大な内容だ。イラン核合意は崩壊の瀬戸際に立たされた。

 イランをめぐっては米軍が3日、イラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官をイラクで殺害し、イランが報復を警告していた。トランプ米大統領は5日、イランの攻撃には「大規模な反撃を行う」と述べた。イランが核合意の骨抜きを明確にしたことで、米イラン関係の緊張は一段と強まりそうだ。

 イラン政府の声明は国際原子力機関(IAEA)との協力は継続するとしており、欧州などに警告していた査察受け入れの一部停止は見送られた。米政権が核合意を離脱して再開した対イラン制裁を解除すれば、速やかに合意の枠内に復帰できるともしている。

 ただ、声明はウラン濃縮に使う遠心分離機の数や濃縮度、濃縮ウラン製造量などについて一切の制限を受けないと強調しており、核合意の有名無実化が一気に進むのは確実だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ