PR

ニュース 国際

スウェーデンの中央銀行、デジタル通貨の実験運用を開始

スウェーデンの中央銀行のロゴ(ロイター)
スウェーデンの中央銀行のロゴ(ロイター)

 【ロンドン=板東和正】スウェーデンの中央銀行は23日までに、コンサルティング大手アクセンチュアと連携して、デジタル通貨「e-クローナ」の実験運用を始めると発表した。2020年以降、実験環境下で機能するかどうか運用し、技術的な問題を検証する方針。スウェーデン中銀は世界の主要中銀に先駆けてデジタル通貨を導入したい考えとみられる。

 スウェーデン中銀によると、スマートフォンなどを使ったデジタル通貨の支払いを可能にするようなシステムを開発。実験に参画する決済サービス業者や小売店で同システムが問題なく利用できるかどうかを調査する。実験期間は20年12月末までの予定だが、延長して内容を深めた実験もできるという。

 スウェーデン中銀は「まだデジタル通貨を発行すると決めたわけではない」と説明している。ただ、スウェーデンではモバイル決済の普及で現金の流通量が急速に減少。全小売店の大半が近い将来、現金を受け付けなくなると予想されている。同国は先進国の中でもこれまでデジタル通貨の研究をリードしてきたとされ、実用化の期待が高まっているという。

 デジタル通貨をめぐっては、欧州中央銀行(ECB)が公的デジタル通貨の発行計画について検討を開始。中国も「デジタル人民元」発行の準備を加速させており、2020年はデジタル通貨をめぐる競争が一段と激しくなりそうだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ