PR

ニュース 国際

米宇宙軍が発足 70年ぶり、6番目の独立軍 中露に対抗、国防権限法成立

20日、米東部メリーランド州のアンドルーズ空軍基地で国防権限法案に署名するトランプ大統領(ロイター)
20日、米東部メリーランド州のアンドルーズ空軍基地で国防権限法案に署名するトランプ大統領(ロイター)

 【ワシントン=住井亨介】トランプ米大統領は20日、米軍に陸海空軍、海兵隊、沿岸警備隊と並ぶ6番目の独立軍として「宇宙軍」を発足させた。宇宙空間の軍事利用を積極的に進める中国とロシアに対抗する。独立軍の創設は1947年の空軍以来、約70年ぶり。

 トランプ氏が20日、首都ワシントン郊外のアンドルーズ空軍基地で、宇宙軍創設を含む国防予算の大枠を定めた2020会計年度(1919年10月~20年9月)の国防権限法案に署名、同法が成立した。予算総額は約7380億ドル(約80兆8000億円)。

 トランプ氏は署名に先だって米兵を前に演説し、「宇宙は新たな戦闘領域だ」と強調。「重大な脅威が米国の安全保障に迫る中で、宇宙での米国の優位性は死活的に重要だ。宇宙軍は(他国の)攻撃を抑止し、究極的な優位性をもたらす」と述べ、軍創設の意義を説明した。

 宇宙軍の要員は約1万6000人で、陸海空軍の宇宙分野の機能を統合。米ABCテレビによると、海軍省が海兵隊を管轄しているのと同様、空軍省の管轄下に入る。トランプ氏は今年2月、宇宙軍創設のための大統領令に署名していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ