PR

ニュース 国際

中国外務次官、米特別代表と北朝鮮問題で会談 米朝歩み寄り求める

中国外務省の耿爽(こうそう)報道官(共同)
中国外務省の耿爽(こうそう)報道官(共同)

 【北京=三塚聖平】中国外務省の耿爽(こうそう)報道官は20日の記者会見で、楽玉成外務次官が北京訪問中の米国のビーガン北朝鮮担当特別代表と同日に会談を行ったと発表した。ビーガン氏は19日にも羅照輝外務次官と会談し、朝鮮半島問題について意見交換した。

 中国外務省の発表によると、羅氏とビーガン氏の会談の中で、中国側が「朝米が不一致を適切に解決する方策を探すことを望む」と述べた。北朝鮮への制裁維持を重視する米側に対し、制裁緩和を強く求める北朝鮮への歩み寄りを求めたとみられる。中国は対北制裁緩和を優先させる姿勢を示している。会談で両氏は、米中両政府が朝鮮半島問題で意思疎通を維持していくことで合意した。

 ビーガン氏は、韓国と日本に続き19日から北京を訪問。訪韓中に実現しなかった北朝鮮当局との接触も模索したとみられる。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ