PR

ニュース 国際

アフガン情勢 国連安保理会合 IS銃撃倍増 中村さん追悼相次ぐ

 【ニューヨーク=上塚真由】国連安全保障理事会は16日、アフガニスタン情勢に関する公開会合を開き、治安の悪化を指摘するグテレス事務総長名の報告書を提出した。また会合では殺害された非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表の医師、中村哲さんを追悼する声が相次いだ。

 報告書によると、中村さんが殺害された東部のナンガルハル州などでイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)の関与が疑われる銃撃事件が今年は194件発生し、昨年の94件から倍増したと指摘。治安の悪化に伴い人道状況も深刻化しており、人道支援を必要とする人は今年の630万人から来年には938万人に増えるとの試算を明らかにした。

 また、会合ではアフガンのラズ国連大使が「アフガンの人々はいまなお中村さんの死を悼んでいる。日本とアフガンの人々の愛と友情の象徴として記憶される」と述べた。国連アフガン支援団(UNAMA)の山本忠通代表は「中村さんの死はアフガンの人々に強い衝撃を与えた。人道支援活動家への攻撃はどう考えても正当化できない」と強調した。このほか米国、フランスなどが事件を非難し、中村さんを追悼した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ