PR

ニュース 国際

ビーガン米代表が北朝鮮に協議呼び掛け「仕事やり遂げよう」 米韓会談

16日、ソウルの韓国外務省で記者会見する米国のビーガン北朝鮮担当特別代表(左)と李度勲・朝鮮半島平和交渉本部長(共同)
16日、ソウルの韓国外務省で記者会見する米国のビーガン北朝鮮担当特別代表(左)と李度勲・朝鮮半島平和交渉本部長(共同)
その他の写真を見る(1/2枚)

 【ソウル=桜井紀雄】ソウルを訪れている米国務省のビーガン北朝鮮担当特別代表は16日、韓国外務省で李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長らと会談した。会談後の記者会見で、ビーガン氏は、北朝鮮の米朝協議担当者に向けて「仕事をやり遂げよう。われわれはここ(韓国)におり、あなた方はどう接触するかを知っている」と述べ、直接協議を呼び掛けた。

 17日までの韓国滞在中に南北軍事境界線がある板門店(パンムンジョム)での協議を想定しているとみられるが、米側に交渉姿勢の抜本的転換を求める北朝鮮側が応じる見込みは低いとの見方もある。

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が年末を交渉期限に指定していることについて、ビーガン氏は「米朝首脳の合意を実践するという目標においてレッドライン(締め切り)はない」として米国は期限に縛られないとの考えを示した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ