PR

ニュース 国際

北朝鮮軍首脳、「重大実験」成果を「戦略兵器開発に適用」と表明

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の朴正天(パク・チョンチョン)朝鮮人民軍総参謀長は14日夜、談話を発表し、国防科学院が13日に東倉里(トンチャンリ)のミサイル発射場で行ったとする「重大な実験の成果」について「米国の核の脅威を牽制(けんせい)、制圧するまた別の戦略兵器開発にそのまま適用される」と表明した。

 朴氏は「われわれは巨大な力を蓄えた」とも強調。軍は金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の「いかなる決心も行動で貫徹する準備ができている」と軍事的対応を示唆しながら「対話にも対決にも不慣れであってはならない」とし、対話にも言及した。

 米国などに向けて「われわれを刺激する言動を控えてこそ年末を安らかに過ごせるだろう」とも警告した。

 国防科学院は今回の実験を13日午後10時41分から7分間行ったと発表している。米本土を狙う大陸間弾道ミサイル(ICBM)に用いる新型エンジンの燃焼実験を実施した可能性があると分析されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ