PR

ニュース 国際

【欧州を読む】「富裕層の敵」英労働党のコービン党首 勝利なら「合意なき離脱」超す混乱か

総選挙でライバルになる最大野党・労働党のコービン党首(左)と与党・保守党党首のジョンソン首相=11月10日(AP)
総選挙でライバルになる最大野党・労働党のコービン党首(左)と与党・保守党党首のジョンソン首相=11月10日(AP)

 12日に迫る英総選挙では、ボリス・ジョンソン首相(55)率いる与党・保守党が過半数を獲得し、来年1月末までの欧州連合(EU)離脱を実現できるかどうかが焦点となる。ジョンソン氏の「最大のライバル」になるのが、最大野党・労働党のジェレミー・コービン党首(70)。「筋金入りの社会主義者」「富裕層の敵」…。さまざまな異名を持つコービン氏はどのような男なのか。(ロンドン 板東和正)

■個性と個性の戦い

 「ジョンソン氏と同じくクセが強い男だ」

 ロンドンに住む有権者の男性(35)は、コービン氏をそう評する。

 英南部チッペナム出身のコービン氏は、大学を中退後、労働組合勤務などを経て1983年に下院議員に当選した。英国では高学歴の議員が多い中、「異色の存在」だ。 

 よれよれのジャケットにノーネクタイがトレードマーク。きまじめで「最も経費を使わない国会議員」とも評され、バスに乗って帰宅する姿が度々、市民に目撃されている。

 常に労働者の味方であり続け、反戦や反核の主張を貫いてきた。2003年、ブッシュ(息子)米政権の主導でイラク戦争が始まり、労働党のブレア政権が参戦を決めた際は、同党所属にも関わらず、党の方針に何度も反発した。

 労働党党首に選出された15年9月の党首選では、当初は有力候補とみなされていなかった。しかし、低所得者を中心にコービン氏の庶民的な姿に賛同する有権者が徐々に増え、党内でも支持を伸ばした。 

 一方、今回の総選挙で対峙する保守党のジョンソン氏は、名門中等教育機関イートン校からオックスフォード大に進学した。ボサボサの金髪で身なりに構わない型破りな政治家ながら、れっきとしたエリートだ。冗談を交えた演説に定評があり、労働党の地盤とされるロンドンの市長を2期連続で務めた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ