PR

ニュース 国際

北朝鮮国連大使「非核化は米国との交渉から外れている」

 【ニューヨーク=上塚真由】北朝鮮の金星(キム・ソン)国連大使は7日に声明を発表し、「われわれはもはや米国と長々しい対話をする必要はない。非核化は既に交渉のテーブルから外れている」と主張した。北朝鮮は対米交渉の期限を年末に指定しており、協議の打ち切りもちらつかせて、米トランプ政権に譲歩を迫る狙いがあるとみられる。

 声明では、米国が求める「持続可能で実質的な対話」についても「国内の政治課題に都合よく利用するだけの時間稼ぎの戦術にすぎない」などと批判した。

 北朝鮮は8日、「極めて重大な試験」を7日午後に行ったと表明。大陸間弾道ミサイル(ICBM)などに使う新型エンジンの燃焼実験だった可能性があり米国への圧力を強めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ