PR

ニュース 国際

革新・文在寅政権の“支え”は保守勢力? 朴前大統領めぐり分裂、対立修復できず

韓国の文在寅大統領(韓国大統領府提供・共同)
韓国の文在寅大統領(韓国大統領府提供・共同)

 就任から任期の折り返しとなる2年半が過ぎ、韓国・文在寅(ムンジェイン)大統領の支持率が再び上昇傾向を示している。目立った成果もなく、メディアでは論調を問わず否定的な評価が並ぶなか、革新政権の“支え”となっているのが朴槿恵(パククネ)前大統領の弾劾罷免以降、陣営内対立を修復できない野党保守勢力だ。日韓関係の改善に向け保守の伸長は不可欠だが、さらなる対立激化の可能性を指摘する声もある。

 「文在寅は習近平の『忠犬』だ」。11月下旬、中国の習近平国家主席に文大統領がひざまずく写真を載せた壁新聞が、全国400以上の大学に掲示された。

 製作した保守系学生団体「全大協」は昨年末以降、共産国家風の宣伝・扇動文のパロディーを発表し、文政権の政策を痛烈に批判してきた。それでも、共同代表のキムスヒョンさん(30)の口をつくのは保守野党に対する不満だ。「党分裂の原因すら把握できない政治家たちに、党の再建方法がわかるわけがない」

 2016年に発覚した朴前大統領の親友による国政介入事件に端を発した政局で、保守勢力は大統領の弾劾罷免の是非をめぐり分裂。現在は(1)弾劾に同意(2)弾劾に不同意、朴氏の公判手続きは静観(3)朴氏の「無罪、即時釈放」を要求-の3グループに分かれ、非難の応酬が続く。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ