PR

ニュース 国際

【神戸「正論」懇話会】「米中、偶発的衝突の恐れも」 簑原俊洋・神戸大大学院教授、平和主義の安保観に警鐘

第10回神戸「正論」懇話会で、「揺らぐ覇権 米中対立と岐路に立つ日本」について講演する神戸大学の簑原俊洋教授=11月29日、神戸市中央区の神戸ポートピアホテル(土井繁孝撮影)
第10回神戸「正論」懇話会で、「揺らぐ覇権 米中対立と岐路に立つ日本」について講演する神戸大学の簑原俊洋教授=11月29日、神戸市中央区の神戸ポートピアホテル(土井繁孝撮影)

 神戸「正論」懇話会の第10回講演会が29日、神戸市中央区の神戸ポートピアホテルで開かれ、神戸大大学院教授でインド太平洋問題研究所理事長の簑原俊洋(みのはら・としひろ)氏が「揺らぐ覇権 米中対立と岐路に立つ日本」と題して講演した。

 簑原氏は米中対立について、通商・技術覇権▽地政学▽基本的価値観-の3つの軸から分析。米国が深刻に捉えている具体的問題として、中国が握る第5世代(5G)移動通信システム技術、南沙諸島などの海洋進出、香港や新疆(しんきょう)ウイグル自治区の人権弾圧を挙げ、「米中は通商問題で妥結しても今後対立は激化し、偶発的衝突が起きる恐れがある」と述べた。

 その上で「日本の安保観は平和主義だが、朝鮮半島や台湾で衝突が起きれば日本は最前線になる。しかしいまだに(自衛隊を明記する)憲法改正さえできていない」と警鐘を鳴らした。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ