PR

ニュース 国際

米海軍が南シナ海で連日「航行の自由」作戦 中国に対抗

 エスパー米国防長官(ロイター)
 エスパー米国防長官(ロイター)

 【ワシントン=黒瀬悦成】米第7艦隊のモムセン報道官は21日、米海軍の艦船が20、21日の両日、中国が実効支配する南シナ海の人工島の付近を通過する「航行の自由」作戦を行ったと発表した。

 18日にバンコクで開かれた米中国防相会談では、中国の魏鳳和国防相がエスパー国防長官に対し、米軍が南シナ海で軍事力を誇示する行為を中止するよう要請していた。

 トランプ政権はこれに対し、同作戦を連日実施することで、南シナ海で増加傾向にある中国の「威圧や脅迫的行為」(エスパー氏)を容認しない立場を明確に打ち出した。

 20日の作戦では、沿海域戦闘艦「ガブリエル・ギフォーズ」がミスチーフ(中国名・美済)礁から12カイリ(約22キロ)以内を通過した。21日はミサイル駆逐艦「ウェイン・E・マイヤー」がパラセル(西沙)諸島の付近を通過した。

 モムセン報道官は「一連の作戦は、全ての国に保障された、海空域の合法的利用の権利と自由の擁護に向けた米国の取り組みを示すものだ」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ