PR

ニュース 国際

香港デモ、観光の東京農大生逮捕 衝突の理工大周辺

香港理工大周辺で、デモ隊が放った火炎瓶の炎の中を進む警官隊=19日未明、香港(共同)
香港理工大周辺で、デモ隊が放った火炎瓶の炎の中を進む警官隊=19日未明、香港(共同)

 【香港=藤本欣也】反政府デモが続く香港では18日から19日未明にかけて、若者らが立てこもる香港理工大の周辺で警官隊とデモ隊が衝突を繰り返した。

 香港メディアによると、警察当局が18歳未満の中高校生を拘束しないことを約束したことを受け、19日朝までに、中高校生ら約200人を含む300人以上が大学を出た。理工大に立てこもっているのは数十人とみられている。

 香港政府によると、理工大に立てこもっていた若者らのうち、19日までに計約600人が大学を出て、約400人が拘束された。

 また、反政府デモに関連して、東京農大の20代の男子学生が香港警察に逮捕されていたことが19日、分かった。在香港日本総領事館の関係者によると、この学生は観光目的で香港入りし17日、抗議デモの様子を見るため理工大周辺に行って逮捕されたという。

 香港ではこれまでに、8月31日のデモに関連して日本人男性1人が逮捕され、保釈されている。

 一方、香港政府トップの林鄭月娥(りんてい・げつが)行政長官は19日の記者会見で、24日の区議会(地方議会)選を予定通り実施するかについては明言を避けた。

 香港では、理工大とその周辺で警官隊と若者らが激しく衝突するなど混乱が拡大。当局が投票の安全問題を理由に、区議会選を中止・延期する可能性が取り沙汰されている。区議会選をめぐっては、反政府デモの影響を受けて民主派勢力の躍進が予想されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ