PR

ニュース 国際

【米大統領選】共和指名争いに名乗りのサンフォード元下院議員が撤退

来年の米大統領選で共和党指名候補争いからの撤退を表明したマーク・サンフォード氏(AP)
来年の米大統領選で共和党指名候補争いからの撤退を表明したマーク・サンフォード氏(AP)

 【ワシントン=黒瀬悦成】来年の米大統領選の共和党候補指名争いに「打倒トランプ大統領」を唱えて出馬したマーク・サンフォード元下院議員(59)が12日、選挙戦からの撤退を表明した。

 サンフォード氏は財政赤字削減などを主要争点に掲げたものの注目を浴びず、支持が広がらなかった。同党の指名争いでトランプ氏の対抗馬はウィリアム・ウェルド元マサチューセッツ州知事(74)、ジョー・ウォルシュ元下院議員(57)の2人となった。

 ただ、トランプ氏は共和党支持者の間で8割~9割前後の支持率を維持しており、トランプ氏が本選候補となることがほぼ確実視されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ