PR

ニュース 国際

香港長官に「再出発」促す 中国副首相が会談、デモ抑止指示か

記者団の取材に応じる香港政府トップの林鄭月娥行政長官=6日、北京(共同)
記者団の取材に応じる香港政府トップの林鄭月娥行政長官=6日、北京(共同)

 【北京=西見由章】中国の韓正副首相は6日、北京で香港政府トップの林鄭月娥(りんてい・げつが)行政長官と会談した。韓氏は「逃亡犯条例」改正案を発端に約5カ月間続く抗議デモをめぐり、暴力の制止と秩序回復が「香港の行政、立法、司法機関の共同責任」だと強調。林鄭氏や香港警察は職務を尽くしているとして「十分な評価」を与えた上で、香港政府を率いて「再出発と再前進」することを同氏に求めた。国営中央テレビや香港メディアが伝えた。

 習近平国家主席も4日、林鄭氏と会談した際に「高い信頼」を伝えており、国家指導者が相次いで同氏の更迭説を打ち消した形だ。

 共産党の最高指導部で香港政策を担当する韓氏と林鄭氏の公式会談は抗議活動が本格化した6月以降初めて。10月末に閉幕した党の重要会議、第19期中央委員会第4回総会(4中総会)では抗議活動の抑え込みを目的として「国家の安全を守るための法制度と執行メカニズム」の構築や、中国政府による香港統治への関与強化、愛国教育の推進などの方針が決定されており、林鄭氏に具体的な指示が伝えられたもようだ。

 韓氏は、香港での反政府デモについて「過激な破壊活動はいかなる国も受け入れられない」と非難。「国家の安全を守る法制度や政策」について言及したほか中・低所得者が不満を抱く住宅問題の解決を求めた。

 林鄭氏は抗議活動の暴力が先鋭化し「平和的なデモからはるかに逸脱している」と批判。拘束された3千人超のうち3分の1以上が学生で「非常に心を痛めている」とも述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ