PR

ニュース 国際

【中国ウオッチ】すさまじい過積載で高架崩落 経済苦境で違法行為が横行

10月10日、中国江蘇省無錫で崩落した国道の高架橋(ロイター)
10月10日、中国江蘇省無錫で崩落した国道の高架橋(ロイター)

 中国江蘇省無錫(むしゃく)で10月上旬、過積載のトレーラー2台が国道を走行していたところ高架橋が約80メートルにわたって崩落し、5歳の幼稚園児を含む3人が死亡する事故が発生した。この惨劇を受けて、中国の運輸業界で危険な過積載が横行している実態がクローズアップされ、当局は取り締まり強化に躍起だ。ただ近年の景気低迷による受注量の減少で運輸業界は競争が激化しており、利益確保のため過積載に手を染める業者は後を絶たない。(北京 西見由章)

 高さ約20メートルの高架橋が斜めに傾いて倒れ、その下を走行していた乗用車はボンネットと前輪だけを残してぺしゃんこに押しつぶされた-。10月10日夕方、無錫の国道高架橋で崩落事故が発生し、現場の凄惨な映像がインターネット上で拡散した。

 崩落に巻き込まれた乗用車には近くに住む31歳の女性と5歳の女児が乗っていた。また46歳の男性が運転する乗用車も押しつぶされ、計3人が死亡した。

 高架橋が崩落する原因となったのは、熱延鋼板を満載して走行していたトレーラー2台だ。無錫市の事故調査グループによると、車両2台の積載制限はいずれも30トン前後だったが、実際に積載していた鋼板の総重量はそれぞれ約160トンで、積載制限の約5倍に達していたという。高架橋の積載制限(1台55トン)も大幅に上回っていた。

 トレーラー2台のうち1台は現場を通過後に崩落したため難を逃れたが、1台は高架橋とともに落下し、運転手が重傷を負った。いずれも無錫市内の同じ運送会社に所属するトレーラーで、2人の運転手と会社幹部は当局に拘束された。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ