PR

ニュース 国際

中国の王外相「歴史と台湾、約束守れ」 関係改善へ日本に要求

北京で開かれた「東京-北京フォーラム」であいさつする中国の王毅国務委員兼外相=26日(共同)
北京で開かれた「東京-北京フォーラム」であいさつする中国の王毅国務委員兼外相=26日(共同)

 【北京=西見由章】中国の王毅国務委員兼外相は26日、北京で開幕した日中有識者による「東京-北京フォーラム」の開幕式であいさつし、日中関係をめぐっては日本側が「歴史と台湾の問題について約束を守らなければならない」と強調した。日中両政府は首脳往来を活発化させているが、本格的な関係改善に向けては日本側が台湾問題などで中国に配慮することが必要だとの立場を示した形だ。

 王氏は通商分野などで米国との対立が深まっていることを念頭に、米国が参加していない東アジア地域包括的経済連携(RCEP)や日中韓の自由貿易協定(FTA)の交渉を活発化させたい考えを表明。巨大経済圏構想「一帯一路」への日本の積極的な参加も呼びかけた。

 また来春の習近平国家主席の国賓訪日が「新時代の中日関係を牽引(けんいん)する重要な一里塚となる」と語った。

 一方、安全保障問題の専門家として出席した香田洋二元海将は全体会議で「(安保面で)中国は対日政策・戦略を転換したといえるのか」と疑問を呈し、「便宜的な、経済面だけを追求した日中友好であれば、これは砂上の楼閣だ」と指摘した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ