PR

ニュース 国際

北大教授拘束 中国報道官が正当化「犯罪行わぬよう国民に注意を」 

 【北京=西見由章】中国外務省の華春瑩(か・しゅんえい)報道官は21日の記者会見で、北海道大の40代の男性教授が中国当局に拘束された事件について「中日領事協定の関連規定に基づき、日本側のために必要な協力を行う」と述べて事実上認めた。拘束容疑など具体的な状況は「把握していない」と説明を拒否したが、「日本側は自国民に中国の法律を尊重し、中国で犯罪活動を行わないよう注意を与えてほしい」と拘束を正当化した。

 男性教授は9月、訪問先の北京で中国当局に拘束された。スパイ活動など国家安全危害罪に関連する容疑とみられるが、中国側は事実関係を明らかにしていない。華氏は「中国は法治国家であり、関係部門は理由もなく外国人を拘束しない」と主張。今回の事件が日中関係に影響するとの見方に対して「個別事案にすぎない」として否定した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ