PR

ニュース 国際

チョ前法相妻の逮捕状を請求 韓国検察、業務妨害などの疑い

検察はチョ・グク前法相(中央)の妻の逮捕状を請求した(AP)
検察はチョ・グク前法相(中央)の妻の逮捕状を請求した(AP)

 【ソウル=桜井紀雄】韓国のソウル中央地検は21日、娘の有名大への不正入学や家族ぐるみの不透明な投資などの疑惑に絡み、チョ・グク前法相の妻で、東洋(トンヤン)大教授のチョン・ギョンシム被告に対する業務妨害や業務上横領容疑などでの逮捕状を裁判所に請求した。

 裁判所がチョン被告を出頭させて後日行う審査で逮捕状発付を認めるかが注目される。チョン被告側は健康問題を訴えており、逮捕の必要性などに関して審査で反論する見通しだ。

 チョン被告は、娘の進学に有利になるよう東洋大総長名の表彰状を偽造したとして私文書偽造罪で既に在宅起訴され、18日には初の公判準備手続きが行われた。だが、検察が共犯事件の捜査への影響を理由に捜査記録の開示を拒み、手続きは進まなかった。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、最側近のチョ氏の法相任命を強行したが、辞任を求める大規模なデモが起こり、チョ氏は14日に辞任した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ