PR

ニュース 国際

離脱延期申請は「私でなく英議会からの書簡」 10月末諦めぬジョンソン首相

 議会では、最大野党の労働党などが協定案を支持しない立場を示しており、可決に必要な実質過半数(320)の賛成票を得るのは容易ではない。採決まで持ち込んでも、協定案が否決されれば、ジョンソン氏が混乱必至の「合意なき離脱」を強行するシナリオも考えられる。

 一方、延期要請について否定的な見解を書面などでEU側に伝えたジョンソン氏の行動について、野党議員から離脱の延期要請を義務づける国内法を「侮辱した」と批判の声が上がっている。こうしたことから、ジョンソン氏と野党議員の対立が裁判に発展する可能性を指摘する報道も出ている。(ロンドン 板東和正)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ