PR

ニュース 国際

ジョンソン首相がEUに延期を申請する書簡提出 「延期は誤っている」との添え状も一緒に送付

英議会で発言するジョンソン首相=19日、ロンドン(英議会提供・ロイター)
英議会で発言するジョンソン首相=19日、ロンドン(英議会提供・ロイター)

 【ロンドン=板東和正】英国の欧州連合(EU)離脱問題で、ジョンソン首相は19日、EUに10月末の離脱期限の延期を申請する書簡を出した。ただ、書簡にはジョンソン氏の署名は書かれていない。さらに、その書簡とは別に、「延期は誤っていると信じている」と明記した添え状を一緒に送付した。英メディアが伝えた。

 英国では19日までにEUと合意した新たな離脱協定案が議会で承認されない場合、離脱期限を来年1月末まで延期するようEUに申請することを政府に義務づける新法が野党主導で成立した。

 ジョンソン氏は表面上は法に従って延期を申請しつつも、「延期をしたくはない」との政権の「真の主張」を訴えることが狙いとみられる。

 ジョンソン氏は、離脱延期法に従うなら「死んだ方がましだ」とかねて訴え、19日も離脱延期の交渉をかたくなに拒否する姿勢を見せていた。

 EUのトゥスク大統領は19日、英国からEU離脱の延期申請を受け取ったとツイッターで明らかにし、「どう対応すべきか、これからEU各国首脳と協議する」と発信した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ