PR

ニュース 国際

ノーベル平和賞にエチオピアのアビー首相 エリトリアと和平実現

エチオピアのアビー首相(ロイター)
エチオピアのアビー首相(ロイター)

 【ロンドン=板東和正】ノルウェーのノーベル賞委員会は11日、2019年の平和賞を、紛争に発展した隣国エリトリアとの国交正常化に尽力したエチオピアのアビー・アハメド首相(43)に授与すると発表した。歴史的な和解の合意で地域の安定に貢献した指導力が評価された。

 アビー氏は国連平和維持活動(PKO)のメンバーなどを経て、昨年4月に首相に就任。同年7月、エリトリアのイサイアス大統領と約20年ぶりとなる首脳会談を実現し、国境紛争を公式に終結させた。閣僚のうち半数に女性を起用するなど内政も改革した。

 同委員会は授賞理由として「平和と国際協力を実現するための努力」をあげ「イサイアス氏との密接な協力を通じて平和協定の原則を迅速に策定した」とした。授賞式は12月10日にオスロで行われ、賞金900万スウェーデンクローナ(約9800万円)が贈られる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ