PR

ニュース 国際

イランタンカーにミサイル2発 「テロ」の見方

 【カイロ=佐藤貴生】イランのメディアは11日、サウジアラビア西部ジッダの沖合約100キロの紅海で、航行中のイランのタンカーがミサイル2発で攻撃され、爆発に続いて火災が起きたと伝えた。同国の専門家は、テロ攻撃の可能性があるとの見方を示した。

 イスラム教スンニ派大国サウジでは9月中旬、東部の石油施設が無人機や巡航ミサイルで攻撃される事件があり、サウジや米国はシーア派大国イランが関与したとして非難していた。双方の軍事的対立が深まる可能性もある。

 バーレーンに司令部がある米海軍第5艦隊は「報道は認識しているが、それ以上の情報はない」とし、サウジ当局はコメントしていない。タンカーは国営イラン石油公社(NIOC)の所有で、貯蔵タンク2個が破損して原油が海に流出した。乗組員にけがはなかったもよう。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ