PR

ニュース 国際

【米大統領選】トランプ氏、弾劾調査開始後初の支持者集会 「民主は恥知らず」と結束呼びかけ

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は10日、中西部ミネソタ州ミネアポリスで支持者集会を開いた。下院がウクライナ疑惑の弾劾調査を始めて以降、トランプ氏が集会で演説するのは初めて。同氏は約2万人の聴衆を前に改めて疑惑を全面否定し、「政府の転覆を図る民主党の恥知らずな取り組みは、選挙での投票にすさまじい形で跳ね返ってくるだろう」と述べ、来年の大統領選をにらんで自身の支持基盤に結束を呼びかけた。

 トランプ氏はまた、大統領選の民主党候補指名争いの有力候補であるバイデン前大統領について「賢いとはみなされなかった。優秀な上院議員とも言われなかった。副大統領としては優れていたがね。バラク・オバマ(前大統領)にゴマをする術を身につけたから」と語り、バイデン氏を徹底的にこき下ろした。

 ミネソタ州は1976年以来、大統領選で民主党候補に常に軍配が上がっている。しかし、トランプは2016年の前回選挙で同州で大健闘しており、今回は同州での勝利に向けて票を掘り起こしたい考えだ。

 集会の会場周辺にはこの日、反トランプ勢力の若者らが集結し、警官隊と小競り合いとなった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ