PR

ニュース 国際

ジョンソン英首相が議会休会 離脱延期法の期限前倒し警戒か

 ジョンソン氏が離脱延期法の期限を前倒しされたくないのは、新たな協定案の合意をめぐるEUとの交渉が難航しているためだ。

 ジョンソン氏は2日、新協定案の基礎となる離脱の条件に関する「最終提案」をEUに提示した。だが、英首相官邸の関係者によると、ジョンソン氏と電話会談したドイツのメルケル首相は8日、最終提案でEUと合意することは「著しく可能性が低い」と指摘したという。最終提案をめぐっては、離脱の際の懸案であるアイルランドとの国境管理問題の解決策を示していないとEU側から不満の声が上がっている。

 ジョンソン氏は今後、提案の合意に向けてEUと19日の直前まで交渉を続ける方針で、「政権としては今、離脱延期法の期限が早まるのは避けたい」(与党、保守党支持者)のが本音とみられている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ