PR

ニュース 国際

「なぜ帰すのか」水産庁に批判相次ぐ 北朝鮮船舶衝突で自民部会

水産庁の漁業取締船「おおくに」と衝突した北朝鮮の漁船=7日(同庁提供)
水産庁の漁業取締船「おおくに」と衝突した北朝鮮の漁船=7日(同庁提供)

 自民党は8日午前、水産部会などの合同会議を党本部で開き、7日に能登半島(石川県)沖で水産庁の漁業取締船と北朝鮮の漁船とみられる船舶が衝突した事案について協議した。出席議員からは船舶乗組員の身柄拘束や事情聴取を行わなかった水産庁の対応を批判する声が相次いだ。

 石川県選出の山田修路参院議員は「せめて(乗組員の)幹部については国内に連行し、取り調べを行うことができたのではないか。北朝鮮に対する圧力になったのではないか」と強調した。また、宮沢博行元防衛政務官は「なぜすぐ帰すのか。こんなことやったらなめられるに決まっている」と述べた。

 これに対して水産庁の担当者は「漁業に付随する行為を行っていることはほぼ間違いないが、水産物を漁獲した状況までは確認できなかった」と説明した。党は午後も外交部会などの合同会議を開いて対応を協議する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ