PR

ニュース 国際

中朝国交樹立70年 両首脳が祝電を交換 金正恩氏「友好関係の全面復興を」 

1月、北京の人民大会堂で歓迎式典に臨む北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)と中国の習近平国家主席(朝鮮通信=共同)
1月、北京の人民大会堂で歓迎式典に臨む北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)と中国の習近平国家主席(朝鮮通信=共同)

 【北京=西見由章】中国の習近平国家主席と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、中朝国交樹立から70年を迎えた6日、祝電を交換した。習氏は「中朝関係の擁護と強化、発展は党と政府の揺るぎない方針だ」と言明。金氏も「両国の友好協力関係の全面的な復興は私と党、政府の揺るぎない立場だ」と伝えた。中国外務省が発表した。

 両首脳はそれぞれ貿易協議や非核化に向けた協議を継続している米国に対して、中朝の密接な関係をカードとして利用したい思惑がある。国交樹立70年に合わせて金氏が訪中するとの観測もあったが、6日午後現在、北京市内で特別な警備態勢は敷かれていない。

 習氏は祝電で「私は(金正恩)委員長同志との信頼と友情を重視している」と強調。昨年以降、金氏が4回訪中し、習氏も今年6月に訪朝して計5回の会談を行ったことに触れ「一連の重要な共通認識を得て、中朝関係は新たな時代に入った」とアピールした。

 金氏も「世界が羨望する朝中の友誼を打ち固め、友好と団結の力によって社会主義と朝鮮半島の平和、安定を守りたい」とした。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ