PR

ニュース 国際

めぐみさん55歳 拓也さんインタビュー 「いらだちが本音」 最愛の姉と別れ40年以上、自身は家族会の中心に

インタビューに応じる横田拓也さん(佐藤徳昭撮影)
インタビューに応じる横田拓也さん(佐藤徳昭撮影)

 北朝鮮に拉致された横田めぐみさん=写真、拉致当時(13)=の弟で家族会の事務局長を務める拓也さん(51)が産経新聞のインタビューに応じ、進展しない拉致問題に率直な「いらだち」を口にした。「いつも家族の中心にいた」という最愛の姉と別れて40年以上。薄れない記憶とともに、5日で55歳となった姉の帰国を待っている。(中村翔樹)

 拓也さんは9歳のとき、めぐみさんと離ればなれになった。「姉の人形を投げて壊してしまったとき、姉は口をぎゅっとつぐんで我慢していた」。姉弟げんかの情景一つにも、4つ離れた姉の優しさを思い出す。

 昭和52年11月15日、めぐみさんは新潟市内で下校途中に拉致される。家には警察が出入りし、電話機に逆探知の装置が取り付けられた。「めぐみさんを誘拐した」と、いたずら電話もあった。だから拓也さんは「今でも電話のベルの音は好きではない」。

 平成9年にめぐみさんの拉致が報道され、「拉致」が一気に日本中に認知されると父の滋さん(86)と母の早紀江さん(83)は署名活動に講演会に、と全国を奔走する。

 拓也さんははじめ、それを「遠目から見ていた」というが、自身が家族会の活動に本格的に関与する転機があった。14年9月17日の小泉純一郎首相(当時)の訪朝だ。

 史上初の日朝首脳会談で北朝鮮が突きつけ、日本政府が無検証に家族に伝えてきたのは、めぐみさんを含む「8人死亡」だった。記者会見で滋さんが声を詰まらせ、早紀江さんが後列から身を乗り出して支える様子を真横で見て、「これはもう、子供の立場ではいられないなと思った」のだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ