PR

ニュース 国際

輸出管理厳格化3カ月 韓国「一方的で不当な差別」

 【ソウル=名村隆寛】韓国産業通商資源省は1日、日本政府による韓国への輸出管理厳格化措置の発表から3カ月となったことに関し立場を発表。日本の措置を「一方的で不当な差別だ」とあらためて批判し、問題解決に日本が前向きになるよう求めた。

 同省は半導体の製造工程で使われる液体フッ化水素の輸出許可が、「複数回にわたる書類の補完を理由に1件も出ていない」と不満を示した。また、日本の輸出許可方式についても「韓国に個別の輸出許可だけを行い、輸出管理に関する国際枠組みに参加していない国よりも差別的だ」と強調した。

 さらに、「日本政府の予測できない対韓国輸出規制で不確実性が増している。実際に企業の経営活動にも支障が出ており、国際輸出管理体制の基本原則と精神に反するものだ」と批判した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ