PR

ニュース 国際

米国とイラン、対立解消の兆しなし ロウハニ師演説中に追加制裁

 トランプ氏は25日、ニューヨークでの記者会見で、この日の追加制裁に加え、「イランによるテロ支援」などを理由にイラン政府高官および近親者が米国に入国するのを禁止する措置をとったことも明らかにし、米国からの歩み寄りはないとの立場を鮮明にした。

 記者会見に同席したポンペオ国務長官も「イランとの交渉の機会を望む」としながらも、前提としてイランが行動を改める必要があると強調した。

 一方、ロウハニ師は演説で、米国の制裁を「経済テロ」と非難。中東からの米軍撤退を求め、ホルムズ海峡の安全確保でイランが中東諸国と協力する新たな安全保障構想も表明した。しかし、サウジ石油施設攻撃はイランの仕業であるとの見方が国際的に強まる中、イランへの支持が広がる見込みは薄いとみられる。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ