PR

ニュース 国際

中国建国70年祝賀レセプションを都内で開催 「日中ともに歴史のスタートライン」

中国建国70年の祝賀レセプションで挨拶する孔鉉佑・駐日大使=26日、東京都千代田区(三塚聖平撮影)
中国建国70年の祝賀レセプションで挨拶する孔鉉佑・駐日大使=26日、東京都千代田区(三塚聖平撮影)

 在日中国大使館は26日、10月1日に迎える建国70年を前に祝賀レセプションを東京都内のホテルで開いた。自民党の二階俊博幹事長や福田康夫元首相、河野洋平元衆院議長など日中の政財界関係者らが多数出席した。

 孔鉉佑(こう・げんゆう)駐日中国大使は冒頭あいさつで、「2019年は中国にとって特別な年であるだけでなく、日本の『令和元年』でもあり、中日両国と両国関係は共に歴史の新たなスタートラインについている」と指摘。その上で、「歴史的チャンスを逃さず、中日関係をより高い水準へ発展させるよう心から希望する」と強調した。

 安倍晋三首相はビデオメッセージを寄せ、来春に予定されている習近平国家主席の国賓での来日について、「両国の新たな未来の姿を打ち出す上で、またとない重要な機会だ」との考えを示した。(三塚聖平)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ