PR

ニュース 国際

韓国、269医薬品の販売中止 発がん性物質検出

 韓国食品医薬品安全庁は26日、同国で流通している胃腸薬などの原料として使用される薬物から発がん性が懸念される物質が検出されたとして、この原料が使われる医薬品269品目の製造や輸入、販売を暫定的に中止し、処方を制限すると発表した。

 検査の結果、管理基準を超えて検出されたとしている。該当する医薬品を服用中の患者は約144万人という。同庁は短期間の服用なら影響は大きくないとする一方、専門家らによる「人体影響評価委員会」を立ち上げ長期間服用した場合の影響を調べるとしている。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ