PR

ニュース 国際

文大統領、32年南北共催五輪に意欲 IOC会長と会談

24日、米ニューヨークで握手するIOCのバッハ会長(左)と韓国の文在寅大統領(聯合=共同)
24日、米ニューヨークで握手するIOCのバッハ会長(左)と韓国の文在寅大統領(聯合=共同)

 韓国の文在寅大統領は24日(米東部時間)、米ニューヨークで国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と会談し、2020年東京五輪への北朝鮮と合同チームを結成しての参加と、32年夏季五輪の南北共同誘致に改めて意欲を伝え、支援を求めた。

 韓国大統領府などが明らかにした。

 南北とIOCは2月、4競技で合同チームを結成して東京五輪出場を目指すことなどを決めたが、北朝鮮は対話拒否に転じ、五輪に関する協議も進んでいない。

 バッハ氏は、昨年の平昌と来年の東京、22年の冬季北京と続く「五輪のリレーの成功を願う」と述べ、日中韓の協力を促した。(ソウル 桜井紀雄)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ