PR

ニュース 国際

米国務長官、サウジ攻撃は「戦争行為」 トランプ氏「48時間以内に制裁強化」

18日、サウジアラビア西部ジッダでムハンマド皇太子(右)と会談するポンペオ米国務長官(ロイター)
18日、サウジアラビア西部ジッダでムハンマド皇太子(右)と会談するポンペオ米国務長官(ロイター)
その他の写真を見る(1/2枚)

 【カイロ=佐藤貴生、ワシントン=住井亨介】ポンペオ米国務長官は18日、サウジアラビア西部ジッダで、同国東部の石油施設が攻撃された事件についてムハンマド・ビン・サルマン皇太子と会談した。ポンペオ氏は会談に先立って記者団に対し、攻撃がイランによるものと改めて指摘し、「サウジに対する直接の戦争行為だ」と非難した。

 トランプ米大統領は同日、イランに対する制裁強化策を48時間以内に発表すると明らかにする一方、イランへの軍事攻撃には消極的な意向を示した。

 国務省のオルタガス報道官によると、ポンペオ氏とムハンマド皇太子は「容認できない前代未聞の攻撃」がサウジの安全保障だけでなく同国に滞在する米国民の生命、世界のエネルギー供給を脅かしたとの認識で一致。イラン指導部がもたらし続ける脅威に対抗するため国際社会に協力を求める必要性を協議したという。

 一方、トランプ大統領は訪問先の米西部ロサンゼルスで記者団に対し、攻撃にイランが関与したとの断定を避けつつ、対応について「(軍事攻撃という)究極の選択もあるが、それ以下の選択肢も多くある」と述べた。

 ポンペオ氏はサウジに続いて親米のアラブ首長国連邦(UAE)を訪問。アブダビ首長国のムハンマド・ビン・ザイド皇太子と地域情勢などを話し合う。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ