PR

ニュース 国際

日米外相会談 ポンペオ氏、茂木氏に日韓対立で「建設的対話」促す

ポンペオ米国務長官=16日、ホワイトハウス(ロイター)
ポンペオ米国務長官=16日、ホワイトハウス(ロイター)

 【ワシントン=黒瀬悦成】ポンペオ米国務長官は16日、茂木敏充外相と電話会談し、日本と韓国の対立が続いている問題で、日韓は建設的な対話が必要であると強調した。国務省のオルタガス報道官が明らかにした。

 ポンペオ氏は北朝鮮の核問題に関し、日米は最終的かつ全面的に検証された非核化という目標を共有しているとし、米国は地域および地球規模の諸懸案に日本政府と協力して取り組んでいくと改めて表明した。

 トランプ政権は、韓国が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めたことに反発する一方、日韓の対立に調停役などの形で直接介入することは控え、日韓に2国間対話を通じて事態を早期収拾するよう促している。

 両氏はまた、イラン沖のホルムズ海峡での安全航行に向けた各国の取り組みの必要についても協議したとしている。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ