PR

ニュース 国際

原発処理水、韓国がIAEAで懸念表明 日本側「理性的な議論を」

IAEAの年次総会で演説する韓国科学技術情報通信省の文美玉第1次官(左)と竹本IT・科技相=16日、ウィーン(共同)
IAEAの年次総会で演説する韓国科学技術情報通信省の文美玉第1次官(左)と竹本IT・科技相=16日、ウィーン(共同)

 【ベルリン=宮下日出男】韓国の科学技術情報通信省の文美玉(ムンミオク)第1次官は16日、ウィーンで同日開幕した国際原子力機関(IAEA)年次総会で、東京電力福島第1原発で増え続ける汚染水浄化後の処理水の問題に懸念を表明し、海洋に放水されれば、「もはや日本の国内問題ではなく、世界全体の海洋環境に影響を及ぼしうる重大な国際問題となる」と強調した。

 文氏はまた、IAEAが福島原発や処理水の現状、環境への影響を現地調査する必要性を主張し、「その結果に基づき、汚染水処理の基準と方法を確立することが重要だ」と強調。日本には「実質的で透明」な対応を求めた。

 一方、日本の竹本直一科学技術担当相は16日、これに先立つ演説で、韓国への名指しは避けつつも、廃炉や汚染水対策に関して「事実や科学的根拠に基づかない批判を受けることもある」と指摘。IAEAがすでに調査した結果をまとめた報告書に基づく「公正かつ理性的な議論」を加盟国に呼びかけた。

 竹本氏は原発事故発生以降、在京外交団向けの説明会などを通じて国際社会には「透明性を持って丁寧に説明してきた」と説明。処理水の扱いについても、同様の取り組みを継続する意向を伝えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ