PR

ニュース 国際

【ベルリンの壁崩壊30年】(2)ゆらぐ共同防衛 当時の勇気はどこへ

その他の写真を見る(1/3枚)

 西欧諸国にとり、北大西洋条約機構(NATO)に基づく共同防衛に代表される米国の存在は、特に欧州の安定という点で重要な意味を持った。2度の大戦を招いたドイツは、歴史的にその強大さから欧州だけでは押さえ込めない不安定要素とみなされてきたが、米国の軍事力がこの問題を解消し、西欧の対独不信を和らげてきた。

 ドイツも欧州連合(EU)結成に至る欧州統合の流れの中で、単独行動を控えることを是とし、多国間の枠組みを重視する姿勢が国際社会で評価され、信頼を回復した。ドイツ国民の間では「米主導の世界秩序で最も恩恵を受けてきた」(独週刊紙ツァイト)との認識が強い。

 米欧の民主主義は今、「新冷戦」とも称される時代の奔流の中で、中露からの挑戦に直面している。世界の国内総生産(GDP)に民主主義国が占める比率は5年後に中露など非自由主義的な国々に抜かれるとも試算され、冷戦時代にも増して米欧の連携が重要となるが、トランプ氏への嫌悪感がドイツ国内での議論に影を落としている。

 最たる例はトランプ氏が特に批判する国防費問題だ。ドイツはGDP比2%とのNATOの目標に対し、2024年でも1・5%にとどまる見通し。メルケル首相は一段の努力が必要だとしているが、その主張は「トランプ氏への融和」であるとして批判され、国民の5割以上が目標の義務化に反対する。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ