PR

ニュース 国際

陸自の退役戦車、ヨルダン博物館で展示 国王から要請

ヨルダンに引き渡された陸上自衛隊の退役済み61式戦車(防衛装備庁提供)
ヨルダンに引き渡された陸上自衛隊の退役済み61式戦車(防衛装備庁提供)

 ヨルダンのアブドラ国王から要請を受けて日本が貸与した陸上自衛隊の戦後初の国産戦車「61式戦車」が13日までにヨルダンに到着し、首都アンマンの王立戦車博物館で近く展示されることになった。国王は軍事に詳しく、博物館では世界から集めた約120両の戦車が展示されている。

 リーナ・アンナーブ駐日ヨルダン大使は、日本の戦車が自国で展示される意義について「61式戦車は日本の歴史の重要な要素や、自衛隊の発展における技術の役割を記録している」と指摘。さらに両国が防衛と安全保障の協力を通して平和と安定に寄与していくことに期待を示した。

 即位前に国軍特殊部隊の司令官を務めたこともあるアブドラ国王は昨年4月、日本側に「古い戦車を供与してほしい」と要望。日本は退役済みの61式戦車を展示仕様にして貸し出すことにした。

 (坂本一之)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ