PR

ニュース 国際

対中、移民、銃…安定のバイデン氏が「勝者」 米民主党討論会 

12日、米大統領選の民主党討論会に参加した(左から)サンダース上院議員、バイデン前副大統領、ウォーレン上院議員=米ヒューストン(ゲッティ=共同)
12日、米大統領選の民主党討論会に参加した(左から)サンダース上院議員、バイデン前副大統領、ウォーレン上院議員=米ヒューストン(ゲッティ=共同)

 【ヒューストン=上塚真由】来年11月の米大統領選をめぐり、野党・民主党は12日、第3回候補者討論会を南部テキサス州ヒューストンで開いた。過去2回よりも参加条件が厳しくなり、登壇者は半数に絞られて10人。党指名候補を決める予備選・党員集会の開始を来年2月に控え、候補者らは米中の通商問題や不法移民、銃規制など幅広いテーマで激論を交わした。

 10人の候補者で注目されたのは、世論調査で支持率1位を維持するバイデン前副大統領、同氏を追いかける急進左派のウォーレン、サンダース両上院議員の3人。討論会では終始、首位のバイデン氏が論戦を仕掛けられる展開となった。

 中国との貿易問題では「全く戦略的ではない」(ブティジェッジ・インディアナ州サウスベンド市長)などとトランプ米大統領への非難一色に。そんな中、サンダース氏は米国に貿易赤字をもたらした自由貿易に批判的な立場から「ジョー(バイデン氏)と私は貿易に関して全く違う意見だ」と切り出し、オバマ前政権で、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)を推進したバイデン氏に矛先を向けた。

 これに対し、バイデン氏は「中国との実際の問題は貿易赤字ではなく、中国が知的財産を盗み、世界貿易機関(WTO)の協定違反をしていることにある」と述べるとともに「中国の不正を止めるには、世界が組織的に立ち向かう必要がある」と強調。制裁関税の発動などトランプ氏が進める対中強硬政策とは距離を置きつつ、中国への厳しい姿勢をアピールした形だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ