PR

ニュース 国際

【ベルリンの壁崩壊30年】(1)庇護者の米国、今や「脅威」

その他の写真を見る(1/3枚)

 戦後の東西冷戦を象徴したベルリンの壁崩壊から30年の節目が近づいている。米国第一を掲げるトランプ大統領の登場でかつての自由主義陣営の絆は緩み、ドイツ人はトランプ氏の米国を最大の脅威とみなす。中露が虎視眈々と楔を打ち込む機会をうかがう中、「西側諸国」はどこに向かうのか。欧州で激動の現場を訪ねた。

 ベルリン中心部の旧テンペルホフ空港を5月、1人の元米兵が訪れた。ゲール・ハルボーソン氏。98歳。

 「ベルリンの自由に命をささげた人々のために来られたことは栄誉なことだ。ここは私にとって、第二の故郷です」

 第二次大戦後の1948~49年、「ベルリン大空輸作戦」にパイロットとして従事したハルボーソン氏がこう訴えると、聴衆は起立して敬意を表した。作戦終了から70年を記念する式典が空港脇にある公園で開かれたときの光景だ。

 戦後、ドイツ東部と東ベルリンを占領した旧ソ連は当時、英米仏が統治する西ベルリンへの陸路を封鎖した。1年近く連日続けられた空輸作戦は陸の孤島となった西ベルリンの市民を救うもので、英米仏が撃墜の危機を冒して生活物資を届けた。子供らのため小さなパラシュートで菓子を空から落とすアイデアを発案したハルボーソン氏ら英雄たちのことを今のベルリン市民は忘れていない。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ