PR

ニュース 国際

中印軍が一時にらみ合い カシミールの係争地で

8月14日、カシミールのインド支配地域でパトロールを行う民兵(AP)
8月14日、カシミールのインド支配地域でパトロールを行う民兵(AP)

 インド北部ジャム・カシミール州のラダック地方と隣接する中国の係争地域で11日、インド軍と中国軍が一時にらみ合いになった。インド外務省報道官は12日の記者会見で「問題は平和的に解決された」と述べた。インド主要メディアによると、両軍の現場指揮官級の協議で収束したという。

 ジャム・カシミール州について、インドのモディ政権は8月、自治権を剥奪し、二つの連邦政府直轄地に10月末に分割すると決定。中国は反対している。

 インドメディアによると、現場は両国の実効支配線がある湖パンゴン・ツォ付近。巡回中のインド軍兵士に中国軍兵士が抗議、双方が応援を呼ぶ事態になったという。湖周辺では2017年にも両軍が投石などの小競り合いとなり、双方に負傷者が出た。

 中印軍は17年、ブータンとの3カ国の国境地帯でも約2カ月間、にらみ合った。その後、モディ首相と習近平国家主席が複数回会談し、関係修復に努めている。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ