PR

ニュース 国際

台湾・郭氏が国民党離党表明 出馬準備か

 【台北=田中靖人】台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の創業者、郭台銘(かく・たいめい)氏(68)は12日、野党、中国国民党を即日離党すると発表した。郭氏側は「離党と(総統選への)出馬は無関係」としているが、近く無所属での立候補を表明するとの見方が強まっている。

 国民党の連戦元主席や馬英九前総統ら党重鎮31人が同日、連名で郭氏に間接的に不出馬を求める新聞広告を掲載。郭氏はこれを受け、「30年来、同じ人たちが台湾を牛耳る時代遅れの政党を台湾の人民は支持しない」などとする離党声明を出した。郭氏は11日、無所属の柯文哲(か・ぶんてつ)台北市長、国民党の王金平(おう・きんぺい)前立法院長(国会議長に相当)を個別に訪問し、改めて連携をにおわせていた。

 国民党の総統選の候補者、韓国瑜(かん・こくゆ)高雄市長(62)の選挙事務所は「非常に遺憾で失望した」との声明を発表。国民党は郭氏の除名を検討している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ