PR

ニュース 国際

選手から7億円着服疑い スペイン税務当局幹部に求刑

 スペイン検察は9日、世界的な高額所得選手が集まるサッカーやバスケットボールの同国リーグの有名選手数十人から合計628万ユーロ(約7億4000万円)以上をだまし取ったとして、主犯格とみられる税務当局の女性幹部に対し、詐欺罪などで懲役11年を求刑した。全国紙ムンド(電子版)など同国主要メディアが報じた。

 女性幹部らは2015年2月から16年11月の間に、所得税の還付金を着服した疑い。被害を受けた選手は少なくとも38人で、100人を超えるとも考えられている。14年までサッカーの強豪レアル・マドリードでプレーしたトルコ出身のヌリ・シャヒン選手(ブレーメン)が121万ユーロ以上を横領されるなど、外国籍選手が多く含まれているという。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ