PR

ニュース 国際

【三井美奈の国際情報ファイル】欧州の“主役”狙う仏 マクロン流で「独自外交」復活

 フランスのマクロン大統領が外交の主役に名乗りをあげた。8月末、決裂必至と見られた仏ビアリッツでの先進7カ国(G7)サミットを切り抜け、欧州連合(EU)人事でも主張を通した。勢いに乗って、仏の伝統である「独自外交」復活を狙う。

■パイプ役を抜擢

 目が離せなくなったマクロン外交。成功の裏には、やはりデキる黒子がいた。

 サミットでは、ビアリッツにイランのザリフ外相を電撃招待。翌日、トランプ米大統領から「条件が整えば、イランのロウハニ大統領と会ってもよい」との発言を引き出した。緊張激化の一途だったイラン問題に「対話」の曙光(しょこう)がさした。

 黒子の筆頭は、大統領府の外交顧問、エマニュエル・ボン氏。今年5月に就任した前レバノン大使だ。7月には大統領の特使としてイランに飛び、ロウハニ師と面会。以来、イランとのパイプ役を務める。

 フランス政官界は大統領の母校、国立行政学院(ENA)卒が幅をきかせるが、ボン氏は研究者から外交官への転身組。イラン、サウジアラビアにも駐在し、中東一筋で頭角を現した。2年前、マクロン氏が大統領就任前にレバノンを訪れた際、大使として同国要人との会談をあっせんし、厚い信頼を得た。

 ボン氏の前任、フィリップ・エチエンヌ氏は、G7シェルパ(首脳補佐)としてサミットを仕切った。ENA出身で、マクロン氏がオランド前大統領のスタッフだったときから親交がある。今年6月、駐米大使に就任し、要の対米外交の責任者になった。

 自ら戦略に添ったプロをえりすぐり、エリゼ宮の先兵にする。そこに、外交大国復活にかけるマクロン氏の野心が見える。

■英独の存在感低下

 仏外交はこのところ、地盤沈下が著しかった。前任のサルコジ、オランド両大統領はドイツのメルケル首相に欧州の主役を奪われた。独仏枢軸の体面を保つため、ドイツに付いていくのに精いっぱいだった。東西冷戦時代、ドゴール大統領は米ソ二大国の間で「独自外交」を志向。ジスカールデスタン大統領は1975年、サミットを創設し、G7という枠組みを作った。

 マクロン氏が、欧州の主役になったのは、英独首脳の地盤沈下が大きい。メルケル氏は2年後の首相退任を表明してから、存在感が薄まった。ジョンソン英首相は目下、EU離脱で頭がいっぱいだ。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ