PR

ニュース 国際

印月探査機と通信途切れる 降下中、着陸成否は不明

月探査機の動向を見守るインド宇宙研究機構の職員ら=7日、バンガロール(AP)
月探査機の動向を見守るインド宇宙研究機構の職員ら=7日、バンガロール(AP)

 インド宇宙研究機構(ISRO)は7日、無人月探査機「チャンドラヤーン2号」の月面着陸に臨んだが、降下中に着陸装置との通信が途切れたと明らかにした。着陸の成否は発表していない。

 成功すれば、旧ソ連、米国、中国に次ぎ4カ国目。着陸装置に積まれた探査車の走行を同日中に開始し、世界で初めて月の南極周辺で観測活動を行う計画だ。各国が資源として注目する水の存在の確認を目指す。

 宇宙開発を進めるインドは2023年にも日本と協力して月探査を行う方針。今回の月面着陸には、日印協力の弾みとしても期待がかかる。ISROなどによると、7月22日の打ち上げ後、探査機は順調に月の周回軌道に到着。9月2日には着陸装置が切り離された。月では氷の形で水が存在しているとされる。人間が活動するための飲料水や、ロケットなどの水素燃料の原料として利用できる可能性がある。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ